スタジオ

キッズモデルになるための基本条件を知ろう

試され続ける仕事

マイク

声優になるにも、なった後にもオーディションを受けることが必要になります。声優や役者は求められているニーズを理解し、対応していく実力と技術を常に求められる仕事です。自分を売り込めるようになりましょう。

もっと読む

最後はキャストが重要

カメラ

面白い番組作りに必要なのは、役割を考えた適切なキャスティングです。番組に合わせた適切なキャスティングをするには、多くの芸能人の特性を把握することが必要です。専門会社に依頼して、面白い番組にしましょう。

もっと読む

道筋は自分次第

歌う女の人

ボーカルオーディションは、メジャーデビューへの飛び石にもなります。オーディションは審査の場でもあり、学ぶ場所にもなります。点在するポイントをつないで、自分で成功への道を作っていきましょう。

もっと読む

モデルの条件

女の子

おもちゃのCMや、ファッション雑誌、育児雑誌やキッズ雑誌などで活躍するキッズモデル。モデルとして幼い時から仕事ができる子ども達には、可愛いだけじゃなく、仕事をするための重要な条件があります。キッズモデルとはいえ、モデルという仕事をするのです。見た目以上に望まれるスキルの条件を満たしていないと、キッズモデルにはなれないでしょう。キッズモデル向きの子どもの条件は、人見知りしないことです。多くの知らない大人に囲まれる環境なので、そのたびにパニックや恐怖を覚えてしまうタイプの子どもには不向きです。毎回同じスタッフさんばかりではありません。雑誌や企画会社が異なれば、カメラマン、メイクさん、一緒に映る大人のモデルや、ほかのキッズモデルなど顔ぶれが異なります。物怖じせずに、対応できるかが重要なのです。そして社会人や働く人の基本である挨拶ができるのかも重要視されます。家族や知り合い以外にも元気に挨拶し、敬意を払うことができる素直さがあるタイプが向いているでしょう。この2つの条件がクリアできているのであれば、キッズモデルの道もそう遠くはありません。最後の条件としては、素直さです。これは身の危険を回避するためにも重要です。注意や指導、提案をすぐ聞けるかどうかは、仕事の上でもリスク回避にも大事なことです。並んでいる高価な機材は、高価なだけでなく故障する恐れもあります。興味本位に触ったり、周辺で暴れたりすることで倒れてくるなどのトラブルも予想できます。キッズモデルを目指すなら、注意に耳を傾けられる素直さを持つように教えておく必要があるでしょう。